足がどうしてもすぐにクサくなる?その臭いの原因は食事にあるかも!

革靴を履いて並んだ足

毎日お風呂に入って、ていねいに足を洗っているのに・・・

すぐクサくなっちゃう!

その悩みは普段の食事を変えることで解消されるかもしれません。

 

 

足のにおいと食事には深い関係があった!

食事をした後、なんとなくクサいな・・・と感じたことはありませんか?

私はよくあります!

焼肉とかニンニク、香辛料を多く使った料理などなど色々挙げられますよね。

 

自宅でもお店でも料理に使った食材特有の臭いというのは

髪の毛や衣服に移ってしまいますが、

洗ってしまえばたいていの臭いは消すことができますよね。

室内に充満したニオイも窓を開けたり、

消臭スプレーのファブリーズとかリセッシュなんかを使えば消えます。

男のファブリーズ

しかし、

食べて体内に入った臭いは衣服のように洗い流すことはできません。

臭いの元は、体の内側から染み出てきて「体臭」となって排出されるのです。

牛肉・豚肉・鶏肉や乳製品などの動物性タンパク質の摂取量が多すぎると、

体臭は強くなってしまいます・・・。

 

 

動物性タンパク質を摂りすぎるとクサくなるのはなぜ?

これは一体なぜなのでしょうか?

動物性タンパク質というのは、植物性タンパク質よりも

人間の腸の中で分解されるまで時間がかかってしまうために、

腸内での滞在時間が必然的に長くなります。

ステーキ

それと同時に脂質も吸収されることで

皮脂の分泌が促されて普段よりも皮脂が多く出ることになります。

この皮脂が酸素と結合して『酸化』することで

『あの嫌な臭い』の原因となって体外に排出されるわけです。

 

刺激が強い食べ物の代表格ともいえるニンニクやニラをお肉と一緒に食べれば、

臭いはさらに強烈になるでしょう。

みんな大好きなカレーに含まれている様々な香辛料も強い体臭を引き起こす原因となります。

さらに、「口が臭かったら牛乳を飲みなさい!」という言葉を耳にしますが、

乳製品は動物性タンパク質です。ですから、お肉と同様、嫌な臭いの原因となるのです。

 

 

アルコール類やタバコもにおいの原因

アルコール類(お酒)は、元々臭いが強いものです。

消化されて代謝される中で臭いの元になる成分が汗腺に送られて足の臭いの原因となります。

また、タバコに含まれているニコチンは中枢神経に影響するため、

タバコを吸わない人よりも発汗しやすい傾向となり体臭が強くなる一因になります。

喫煙する女性

こういうことから、

足の臭いで悩んでいる人はお酒は極力適量に大量に飲むことは控えて、

タバコは禁煙を始めればその臭いを改善させることができるでしょう。

 

 

足の臭いを改善させる食事とは?

体臭の改善を食事の面から考えると、防臭に繋がると言われている

「ビタミン」や「ミネラル」が多い緑黄色野菜などの

野菜を中心とした食事をとることが一番の方法だと考えられています。

 

その他には、納豆や豆腐・豆乳などの大豆製品を積極的に摂取することも有効です。

さらにウナギや魚類、玄米や胚芽米などの精白されていない穀物も臭い改善には効果的です。

和食の料理

このように『野菜を中心とした和食』の食事を取り続けることで

体臭は徐々に改善していくことがわかっています。

その効果はゆるやかですが、確実にカラダの内側からにおいが減っていくのです。

 

 

食事以外での注意するポイントは?

食事によってにおいが強くなるのは避けられない場合もあります。

その場合は、

食事以外で体臭(足の臭い)を低減させるために注意するポイントが重要になってきます。

靴下を履き替える男性

比較的カンタンにできるポイントとして、

靴の中や靴下が蒸れないように気を付けること、これが一番効果的ですね。

足が臭ってくる原因は、靴の中が蒸れて雑菌が繁殖するためなので、

靴を長時間履き続けないように時々脱ぐなどして通気性を良くすることです。

汗ふきシートで足の裏と指の間を拭いてニオイの元を絶つのも良いですね。

 

他には、コロンや香水で足のニオイをごまかす・・・なんて方法もありますが、

根本的な解決にはならないのでこれはおすすめできません。

 

 

足のことを第一に考えよう!

多くのビジネスマンが履いている革靴は

『特に』通気性が悪いので注意が必要ですよね。

数千円の安価な革靴やデザインだけを重視したカッコいい革靴は割と選ばれやすいですが、

足が臭くなりやすい人は通気性・機能性を一番に重視するべきかと。

その次に価格やデザイン面を見るべきじゃないか?と、私は考えます。

 

ただ、そうも言ってられない人には防臭アイテムが必須になるでしょう。

靴下にスプレーをして無臭にする製品や、足裏に塗るクリームなどを使えば、

今より大幅にニオイを抑えることができるんじゃないかと思います。

まあ、こういった防臭アイテムはまあまあ値段が張るので、

毎日使うにはコストがかかってしまいますけどね・・・。

 

でも、

「自分の足のニオイが気になって気になって仕事に集中できない!」

「職場に足がクサい人がいるから、なんとかしてもらいたい!」

という人はたくさんいるのが現実ですから、自分で購入して使ってみたり

足がクサい同僚に思い切ってプレゼントしてあげたりするのもいいかも。

 

いつも気にしている足のニオイが劇的に改善されて悩みが解消されれば

自分も他人も毎日を快適に楽しく過ごせるようになるかもしれませんよ!

 

 

6ヶ月もの長期間臭いを消してくれる?靴が無臭になる魔法の粉とは?

革靴

靴の中で蒸れてクサくなる足をなんとかしたい!

こう思っている人に朗報です!

あのニオイからあなたを解放してくれる「魔法の粉」を見つけてしまいました。

 

 

靴の臭い対策にはコレが一番かも!

【グランズレメディ】という「魔法の粉」を靴の中にふりかけると、

一発でクサ~い臭いをカンタンに解消することができます。

一週間くらい繰り返しふりかければ、その後半年間程度は無臭を保つことが可能

この効果、6ヶ月間も持つなんてすごいですよね?

 

このグランズレメディという名の魔法の粉は、

臭いを別なニオイでごまかしたり、脱臭するのではなく、

その臭いが発生するメカニズムそのものを破壊する粉なのです。

 

どういうことなのかと言うと、

靴の中のバクテリアが繁殖するのを阻止してきれいに除菌してしまうんです。

なので、靴にしみついた臭いを一気に解消することができます。

その効果はバツグンなのですが・・・・・デメリットが一つあるのです。

 

 

それは、

 

 

粉を振りかけて靴を脱いでそのまま家に上がると、

床に白い足跡がついてしまうということです。

グランズレメディは「白い粉」なのでソックスに付着した粉が

床にまた付着してしまうわけです。

これを一週間は我慢しなければなりません。

 

もし外出先で靴を脱ぐことが分かっているならば、

その1週間前からタイミングを合わせて振りかけていれば

当日は無臭で快適に過ごすことができるでしょう。

 

 

足の臭いの原因は靴にある?

足の臭いに悩んでいる方の大半は、実は汗っかきです。

新品の靴を購入したのに、一週間も経たずしてすぐに悪臭で悩まされる・・・

という人も案外多いようです。

 

汗のせいで足がクサイ・・と多くの方が思われているようですが、

実は違っていて、足の臭いの根本原因は汗ではありません。

 

 

そもそも汗の種類は2種類あります。

脇の下などにある「アポクリン腺」という臭いやすい汗と、

全身の皮膚に分泌している「エクリン腺」という臭わない汗です。

 

足の裏や指の間からかく汗は、臭わないエクリン腺からのもの。

ということは本来、足は無臭なはず・・・。

では、どうしてクサくなってしまうのでしょうか?

それは、目に見えないバクテリアがいるからなんです。

 

汗や皮脂、落ちた古い角質などをエサにして繁殖するバクテリア。

このバクテリアの排出物や雑菌が繁殖するためにクサくなるわけです。

バクテリアなどが繁殖するのを抑えるためには、

足と靴の両方を清潔にしなければなりません。

細菌

足を清潔にしておくには、

・毎日洗うこと

・軽石などで硬くなった角質を落とすケアをすること

・爪が伸びたらこまめに切ること

などが日頃からできますよね。

でも、臭いで悩んでいる方はすでに実践していることと思います。

 

 

では、毎日洗うことができない靴はどのように清潔さを保つのでしょう?

そのカンタンな方法は、1足だけを毎日履き続けないこと。

2足以上の靴をローテーションして履くことです。

これだけでも大幅にニオイは改善されるはずです。

同時に、履いていない靴に軽いメンテナンスをしてあげること。

シューズ

帰宅した直後、蒸れている靴の中に向けて消臭スプレーをかける。

湿気を吸い取るグッズを靴の中に入れておく。

布団乾燥機の靴乾燥機能を使って湿気を取る。

こうして靴の中のニオイと湿気を除去しておくと、圧倒的にクサくなりにくいです。

 

 

それでも効果がない場合はあるの?

足をキレイに清潔に保っているのに、

靴の中もキレイに保っているのにまだクサい・・・。

そんな時は足に原因があると考えられます。

どうしてもニオイが取れないような時は、

足の臭いを消してくれるクリームなどを使う必要があるかもしれません。

 

足の臭い対策専用のクリームをもってしても

それでもまだ臭いが気になるようなら、

水虫や多汗症、その他糖尿病などの内臓の病気の可能性も考えられます。

皮膚科を受診して専門家に見てもらうことをオススメします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お風呂で洗ったのに足のクサい臭いが取れない・・どうすればいい?

男女の足

『なんで???』

「キレイに洗ってるのになんでこんなに足がクサいんだろう・・・。」

こんな悩みを持っている人はたくさんいます。

(毎日しっかりと洗っているのに・・・・。)

この記事は困っているあなたの参考になるかもしれません。

 

 

洗ってもニオイを落とすことができないのはどうして?

臭いは空気のようなものではなく、目に見えない小さな物質。

お風呂で足をしっかり洗ったとしても完全に臭いを取り去ることはできません。

なぜかというと、臭い物質が足の皮膚、つまり、角質や爪の中に入り込んでしまっているからです。

なので、いくらしっかり洗ったと思っていても皮膚や爪の表面を洗っているだけなので、

身体の内部に浸透している臭い物質は取り除くことはできないのです。

 

「臭いが染み込んでいるなら、角質スムーサーで取り除こう!」

なんて考える方もいるかもしれませんね。

しかし、どんなに丁寧にやっても臭いを「完全に」取り除くことはできません。

 

 

普通の石けんで強いニオイは取れない!

クサ〜い臭いには酸性臭とアルカリ臭などがあります。

対して、臭いの種類それぞれを消すための成分も存在します。

 

たくさんの臭いに対応できる消臭成分があれば便利なのですが、

現実的にはそんな便利で安全な成分は見つかっていないのが実情。

そこで、特定の臭いに特化した成分で作られた石けんなどが

その特定の臭いだけを効果的に消すことが出来るので、

多くの人々に愛用されているわけです。

 

 

足の臭いの成分は「イソ吉草酸」と言われる特定悪臭物質にもあげられる成分。

そんな強い臭いには普通の石けんでは効果がかなり薄く、

足専用に特化された石けんを使わなければそのクサ〜い臭いを改善することはできません。

 

この足専用の石けんには保湿成分は含まれていなかったりしますが、問題ないです。

足はある程度は乾燥している方がベストの状態と言えるので、

保湿成分入りの石けんを使用すると、逆にニオイが悪化・・・してしまう恐れがあります。

 

また、角質ケアとしてやすりや軽石を用いてケアをすることもポイントの一つです。

でも、角質ケアをやり過ぎるとこれも逆効果になるので注意が必要です。

 

 

クサいのを消すのではなく抑えることはできる!

足専用の石けんで毎日丁寧に洗ったとしても、

人が生きている限りは代謝が行われるので臭いが100%無くなることはありません。

ですが、そこにある臭いを消すことは十分に可能なのです。

 

「臭いがかなり減った!」

「ほぼ臭いがしなくなった!」

と、自分自身で感じとることができれば気持ち的にも楽になり、

ストレスが減って心の汗とも言われている精神性の汗も少なくなります。

 

長い目で見れば、少しづつ足の臭いを減らしていくことができるでしょう。

解放

 

でも、速攻で足の臭いから解放されたい!と思っているならば、

市販されているデオドラント商品を使うと素早い効果が得られます。

 

デオドラント商品はさまざまなタイプが市場に出回っていますが、

即効性を期待するならデオドラントフィットクリーム「ノーノースメル」がオススメです。

付け心地の良いクリームを朝晩1日2回塗るだけで、防臭と制汗を同時に対処してくれます。

また同時に、殺菌成分と角質ケア成分も配合されているので、(雑菌が繁殖しないよう)

足の環境をキレイに維持するサポートをしてくれます。

→ユーザーの93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』

 

ノーノースメルを試してみた多くのユーザーさんからは、

「安心していつでもどこでも靴が脱げるようになった!」

といったうれしい報告が多数寄せられているようです。

足のケアを毎日しているつもりでもクサさがあまり改善されないようなら、

試してみる価値はあるかもしれませんね!

 

男性と女性で足のニオイを比較した場合、本当にクサいのはどっち?

カップルの足

男性は女性たちから「クサい・・・」と言われます。

世のお父さんたちが家族から虐げられているひとつの原因も

「オヤジ特有のニオイ」がするから。

でも、女性だって足はクサくなるんじゃないのか?こう思っている男性は多いはず。

現実はどうなのか個人的に調べてみました。


 

男と女、一体どっちがクサいのでしょうか?

 

世のOL女子は若い人は素足にサンダルというスタイルでも通用したりしますが、

ほとんどの場合は猛暑の夏でもストッキングを着用するのが一般的です。

それから寒い時期になってくると足が冷えてしまうので靴下を愛用する人も増えてきますよね。

 

世の男性の場合はというと、靴を一日中履きっぱなしということが多いです。

しかも、同じ靴を何日も続けて履いている人もたくさんいます。

さらに通気性の悪い化学繊維素材のビジネスソックスを履いている人がほとんどでしょう。

ビジネスソックスだと『速乾・防臭・抗菌』の素材を使っているというソックスも色々ありますが、

その効果には限度があるかと思います。

 

誰もが毎日気になっている足のニオイ、

一体どちらの方が「クサい!」と言えるのでしょうか?

 

 

実は・・・おじさんよりもOL女子の足がクサい!!

例えば、

中年のおじさんの履きっぱなしの靴とOL女子の履きっぱなしの靴、

【どちらがクサいでしょうか?】

なーんて街頭インタビューでもされたら、

 

大抵の人は、

「中年のおじさんの靴にきまってるでしょ!」

と答えることでしょう。

 

しかし、実際はOLの足のほうが数倍クサいのです・・・・・。

これはどうしてなのでしょうか?

 

 

その原因は、履いているものにあります。

OL女子がみんな履いている、あのストッキングがイヤな臭いを発生しているようなのです。

ストッキングの素材であるナイロンには、汗を吸収する力があります。

そのため、靴の中は汗で蒸れ蒸れになっている状態なのです!

 

一般的なOL女子がパンプスにストッキングというスタイルで8時間仕事をした後の靴の中は、

足汗と蒸れにより細菌の温床となっているわけです。

これがもしブーツだったら通気性がものすごく悪いために、

そのブーツを脱いだ瞬間に、一気に足のクサいニオイが室内全体へと大量散布されるのです・・・。

こういうことから、もし可能であれば外出先でストッキングを履き替えるなどすれば、

そのキツーイニオイを軽減させることができますね。

オフィス会議室

 

もちろん、男性の足もそれなりに臭います。

しかし、今は靴下の性能が向上しており、

男性の足のニオイは品質の良い靴下によってある程度は抑制されているために

意外にもOL女子ほど臭わなかったりします。

タビオのメンズビジネスソックス

出典元:「靴下屋」の公式オンラインストア~Tabio

 

ニオイ対策をして今すぐ無臭に!

自分の足のニオイが気になるならばまずは、自宅で足裏の角質ケアをしっかり行いましょう。

重曹を用いた足湯をしたり、5本指ソックスを履くこともオススメです。

臭いを消すクリームやパウダーなどを使用するのも効果があります。

 

 

とくにオススメなのが、やわらかなクリームタイプの「NO!NO!SMELL!(ノーノースメル)」という

足のニオイを消すことに特化した足専用クリームなのです。

使用感はべたつかず、塗った直後からサラサラが長く続くので忙しい朝もこれ一本でOK。

足のクサさを改善することができます。

→ユーザーの93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』

臭いの原因菌を殺菌してくれると同時に、ラベンダーとミントの香りで高い消臭効果を発揮します。

足裏からラベンダーとミントの優しい香りが漂ってくるので自然と気分を落ち着かせてくれます。

足の臭いが強くて悩んでいるなら、試してみるといいかもしれませんね!

(もしかしたら手放せなくなるかも・・・。)

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

足がクサい人とクサくない人の違いは何?すぐできる対処方法

靴紐を結ぶ男性

なんで自分の足はこんなにすぐクサくなってしまうのか・・・?

自分でも気になりますよね。

自分の足はクサいのに、友人や職場の同僚の足は大してクサくない。

「なんで???」

そんなあなたの疑問に対して、生活習慣の側面からお答えしましょう。

 

 

毎日の「ある習慣」に大きな違いが・・・!

足がクサくならない人なんて、きっとどこにもいません。

でも足があまりクサくならない(ニオイが強くない)という人はたくさんいます。

そんな人々には、体臭が強くならないような生活習慣があり、

それを無意識のうちに毎日の生活の中で取り入れているのです。

バスルーム

例えば、「お風呂」

仕事などで忙しい日々を送っていると、ゆっくりとお風呂に入る機会が減ったりしていませんか?

ついつい短時間でパパッと身体を洗ってすぐに上がって、簡単に済ませてしまったり。

夏の暑い時期はシャワーだけ浴びて終わりというスタイルも当たり前かもしれませんね。

 

でも・・・・クサくならない(あまり臭わない)人の習慣はこうです。

・忙しくてもできるだけ毎日湯舟に浸かります。

・身体を洗う時は頭のてっぺんからつまさきまでゆっくりとていねいに洗います。

・もちろん足の指の間もしっかり洗います。

・お風呂上りには角質ケアや保湿もできる限り行います。

 

さらにここでポイントがあります。

お風呂上りには定期的に足の爪の手入れをしているということです。

男女の足

足の爪が長くなっていると、汗やアカが爪周辺に溜まりやすくなって

水虫が発生するリスクが増えてしまいます。

逆に爪を短く切りすぎてしまうとソックスの繊維などのゴミが付きやすくなるとともに、

人によっては巻き爪になってしまう可能性もあるのです。

巻き爪になると歩くだけで激痛が走ったりするので、気づかないうちに足全体が緊張して

普段よりも多く汗をかき、結果的に靴の中が蒸れやすくなる・・・ということもあります。

(私の過去の経験談です)

 

普段から足の表面だけでなく、

爪のメンテナンスも含めてきれいな状態に保つケアをしていることが

臭わない人の特徴というわけですね!

 

 

臭わない人は、素足のケア以外にも○○をしている!

あなたはもしかして・・・・職場などに毎日同じ靴を履いて出かけたりしていませんか?

男性だと特にいつも同じ服装(スーツや作業服など)のスタイルなので

靴も同じものを履いてしまうということもあるでしょうね。

 

ですが、それが命取りになっているかもしれませんよ!

足が臭わない人は、普段から履いている靴のケアも怠っていません。

その理由としてまず、毎日同じ靴を履くという習慣が無いのです。

 

一日の仕事が終わり帰宅したら、履いていた靴の汚れを簡単にでも落とします。

長時間履き続けた靴の中が仮にクサくなくても消臭スプレーをかけ、湿気をとるために乾燥させます。

(布団乾燥機の機能を使って靴を乾燥させると電気代は若干かかりますが楽チンです)

と、こうした靴のケアをしているのです。

革靴の天日干し

毎日同じ靴を履いていれば、「常に蒸れたまま」で乾燥するタイミングが持てずに

ニオイの元となる菌が繁殖し続ける・・・・という悪循環に陥ってしまいます。

 

 

女性の場合は、通気性が悪いナイロン素材のストッキングは毎日履かないようにします。

ストッキング

スカートにストッキングという定番のコーディネートよりも、

デニムにソックスという組み合わせの方が実は足が蒸れにくく、臭いが定着しにくい傾向があるんです。

デニム

男女関係なく通気性が悪い素材のものを履いていると、特に夏なんかは

汗とニオイが靴の中にとどまり続けて蒸し風呂状態になるのでクサくなる原因のひとつとなります。

これを防ぐには、できるだけ通気性が高いソックスや靴を選ぶことがポイントですね!

 

 

足のニオイと食生活には大いに関係がある!

みんな焼肉やステーキなど大好きだからたくさん食べますし、お酒もよく飲みます。

甘いもの・辛いもの・刺激の強い食べ物も普通に食べます。

それが普通の人の生活でしょう。私もそうだし、あなたもそうですよね?

ビールや肉など

臭わない人だって毎日色々なものを食べているわけですが、その内容と頻度が違います。

お肉をたくさん食べるときはその分だけ野菜もたくさん食べたり、

アルコールを多く飲んだ翌日は、胃に負担をかけないやさしいものを食べるなどして、

食生活に気を遣っています。

野菜スープ

それと直近の一週間に食べるもの(食べたもの)をだいたいでも計算したりして、

食べすぎや飲みすぎを意識的に防いでいるわけです。

 

自分が好きなものを好きなだけ食べていたら、

気になっている足の臭いを消すことはおそらくできないでしょう。

あなたが食べている物で、あなたのカラダは作られているわけですから。

 

 

ストレスが足のニオイを増長させてしまう?

臭わない人の多くは、精神的に安定していると言えます。

言い換えると、リラックスできる習慣を持っているということ。

ストレスが溜まると、身体からストレス臭が出ると言われています。

ストレス

仕事で精神的に追い詰められたりプライベートで修羅場があったりすると、

緊張して冷や汗が一気にドバっと出たりした経験はありませんか?

この汗はとても良くない汗なので、普段かいている汗よりもクサいかもしれません。

(おでこや首筋、背中だけでなく冷や汗は全身にかくので足も例外ではなく)

ストレス臭は、かいても気持ちが良くない冷や汗と大きな関係がありそうですよね。

 

気持ちにゆとりのある生活を送ることができれば、

無駄に汗をかくことなく落ち着いて生きていけるので足のニオイも気にならないレベルまで

改善するかもしれません。

 

 

まとめ

普段の何気ない生活における「習慣」は体臭と密接に関係しています。

生活習慣病は、かかってしまうと治すのに長い期間が必要ですが、

足のニオイなどの体臭だけなら自分で改善できる余地は十分にあります。

 

まずは、面倒くさがらずに自分のカラダをメンテナンスしてみてはどうでしょうか?

お風呂ではしっかりと指の先も間もきれいに洗って湯船につかり、

足の爪も適度に切りそろえてみましょう。

これだけでも、劇的にニオイが減るかもしれませんよ!

青空

余裕があれば、普段から履く靴を増やして清潔にしておく、

食生活を少し見直す、大きなストレスから少しでも遠ざかるようにしてみると

さらに良くなること間違いなしです!

ぜひ、今日から試してみてくださいね。

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。