お風呂で洗ったのに足のクサい臭いが取れない・・どうすればいい?

男女の足

『なんで???』

「キレイに洗ってるのになんでこんなに足がクサいんだろう・・・。」

こんな悩みを持っている人はたくさんいます。

(毎日しっかりと洗っているのに・・・・。)

この記事は困っているあなたの参考になるかもしれません。

 

 

洗ってもニオイを落とすことができないのはどうして?

臭いは空気のようなものではなく、目に見えない小さな物質。

お風呂で足をしっかり洗ったとしても完全に臭いを取り去ることはできません。

なぜかというと、臭い物質が足の皮膚、つまり、角質や爪の中に入り込んでしまっているからです。

なので、いくらしっかり洗ったと思っていても皮膚や爪の表面を洗っているだけなので、

身体の内部に浸透している臭い物質は取り除くことはできないのです。

 

「臭いが染み込んでいるなら、角質スムーサーで取り除こう!」

なんて考える方もいるかもしれませんね。

しかし、どんなに丁寧にやっても臭いを「完全に」取り除くことはできません。

 

 

普通の石けんで強いニオイは取れない!

クサ〜い臭いには酸性臭とアルカリ臭などがあります。

対して、臭いの種類それぞれを消すための成分も存在します。

 

たくさんの臭いに対応できる消臭成分があれば便利なのですが、

現実的にはそんな便利で安全な成分は見つかっていないのが実情。

そこで、特定の臭いに特化した成分で作られた石けんなどが

その特定の臭いだけを効果的に消すことが出来るので、

多くの人々に愛用されているわけです。

 

 

足の臭いの成分は「イソ吉草酸」と言われる特定悪臭物質にもあげられる成分。

そんな強い臭いには普通の石けんでは効果がかなり薄く、

足専用に特化された石けんを使わなければそのクサ〜い臭いを改善することはできません。

 

この足専用の石けんには保湿成分は含まれていなかったりしますが、問題ないです。

足はある程度は乾燥している方がベストの状態と言えるので、

保湿成分入りの石けんを使用すると、逆にニオイが悪化・・・してしまう恐れがあります。

 

また、角質ケアとしてやすりや軽石を用いてケアをすることもポイントの一つです。

でも、角質ケアをやり過ぎるとこれも逆効果になるので注意が必要です。

 

 

クサいのを消すのではなく抑えることはできる!

足専用の石けんで毎日丁寧に洗ったとしても、

人が生きている限りは代謝が行われるので臭いが100%無くなることはありません。

ですが、そこにある臭いを消すことは十分に可能なのです。

 

「臭いがかなり減った!」

「ほぼ臭いがしなくなった!」

と、自分自身で感じとることができれば気持ち的にも楽になり、

ストレスが減って心の汗とも言われている精神性の汗も少なくなります。

 

長い目で見れば、少しづつ足の臭いを減らしていくことができるでしょう。

解放

 

でも、速攻で足の臭いから解放されたい!と思っているならば、

市販されているデオドラント商品を使うと素早い効果が得られます。

 

デオドラント商品はさまざまなタイプが市場に出回っていますが、

即効性を期待するならデオドラントフィットクリーム「ノーノースメル」がオススメです。

付け心地の良いクリームを朝晩1日2回塗るだけで、防臭と制汗を同時に対処してくれます。

また同時に、殺菌成分と角質ケア成分も配合されているので、(雑菌が繁殖しないよう)

足の環境をキレイに維持するサポートをしてくれます。

→ユーザーの93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』

 

ノーノースメルを試してみた多くのユーザーさんからは、

「安心していつでもどこでも靴が脱げるようになった!」

といったうれしい報告が多数寄せられているようです。

足のケアを毎日しているつもりでもクサさがあまり改善されないようなら、

試してみる価値はあるかもしれませんね!

 

コメントを残す